神奈川県横浜の桜木町でベリーダンス教室をお探しなら、親切・丁寧な指導で楽しくレッスンできるベリーダンス教室ベリモを。

menu

横浜のベリーダンス体験ならベリモ・ベリーダンス教室

ベリーダンスの衣装を着るうえで気を付けること

こんばんは~ ミシュミシュです。

艶やかなベリーダンスの衣装。色んなデザインが合ってどれも素敵ですよね。
今回は、衣装を着るうえで気を付けることを何点かご紹介します!
私が失敗から学んできたことばかりです・・・苦笑
②は今のところないですが・・・

①スカートを巻き上げたら安全ピン!

ベリーダンスの衣装のフレアスカートは長いものが多いです。そこで、ウエスト部分をくるくるっと巻き上げてその上にベルトをかぶせるのですが、数か所安全ピンで止めるか縫うかしないと大変なことになります。
私は以前くるくると衣装のウエスト部分を巻いていただけで舞台に臨んだことがありました。
そのままスカートを踏んづけて、巻いていた部分がほどけて・・・大参事ですよ。トホホ。
安全ピン大事です。

②衣装の後ろに安全ピン!

安全ピンの活躍度半端ないですね。とくにブラのホックが何かの拍子で取れてしまったら・・・大参事ですよ。トホホ。
衣装に付けるものは小さめの安全ピンの方が良いでしょう。

③自分の体にフィットしていますか?

既製品の衣装の場合、大き目のものが多いです。ブカブカでフィットしていない衣装は多くの弊害を生みます。
サイズが合っていなかったらお直しをしましょう。

④ベルトとスカートを安全ピンでとめる!

またまた安全ピンですが、スカートとベルトが一緒にくっついていなかったら、自分では気付かないうちにベルトから折り曲げたスカートが覗いていた・・・なんて大参事ですよ。トホホ。気を付けましょう。

 

 結論、安全ピンがあれば殆どの平和は保たれると思います。
衣装を着る時は、安全ピン! これ、合言葉にしましょう。

それでもトラブルが起こる時は起こります。その時は、笑顔で乗り切りましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ベリーダンス発表会の参加は強制ではありません

体幹を鍛える為のバレエ教室案内

ベリモの方がバレエもやりたい場合、お得に受けられます。

大人のバレエ教室
〒108-0074 東京都港区高輪3-10-4 ブレスド高輪101
横浜バレエ教室
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-143 柴NICハイム野毛山201
ベリモ・ベリーダンス教室

神奈川横浜の初心者ベリーダンス教室
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-143
柴NICハイム野毛山201
http://bellydance-lesson.com/
桜木町駅徒歩6分

ベリモ・ベリーダンス教室

受付時間 メールでのお問い合わせはこちら